2007年11月01日

髪とカラーリングやパーマの関係は?

髪とカラーリングやパーマの関係は?

「発毛促進とはげ対策には頭皮の改善が必要です」
に訪問有難うございます。

このページでは髪がカラーリングやパーマでどの
ような影響を受けるかを書いて見たいと思います。

現代は女性も男性もヘアスタイルに気を配るよう
になって、カラーリングやパーマを利用される方
が増えていますね、髪のケアの立場から言います
と頻繁に行うと頭皮や頭髪にダメージを与え、抜
け毛の原因になりかねません。

カラーリングやパーマをかけるときはキューティ
クルのあいだから薬剤を毛の中に浸透させるため
繊維の結合ももろくなりがちです

、それと薬剤の頭皮への付着などで頭皮の炎症を
起こす可能性も高いようです、私も以前白髪染め
を自宅でおこなったのですが、頭皮が赤くはれあ
がって顔まではれてしまいました、多分薬剤が頭
皮についてそこから炎症を起こしたのでしょう、
それ以来やめています。

できる事ならパーマ類はかけない方が良いと思
いますし、都合でカラーリングやブリーチ・パー
マなどをする時は、適度な時間の間隔をあけ、また
染料が頭皮につかないように注意しましょう。

それとなるべく美容院などで頭皮に注意しながら
行ってもらうほうが安心ですね、今は100%天然
成分の製品も出ているようなのでそれを使用され
たほうが安全ではないでしょうか。

オシャレと髪のケアのバランスをうまくとって行な
いましょうね。

◇---------------------------------------◇
☆分子レベルでぐんぐん浸透、育毛ミストM-1



安心の全額返金キャンペーン中ですよ!
--------------------------------------------------

応援に感謝!m(__)m

人気ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ

TOP髪と紫外線の影響について

☆記事一覧のページへ


posted by トクさん at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛のお役立ち情報記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。