2011年04月09日

髪の毛の色の決め手「メラニン」

髪の毛の色の決め手「メラニン」

白髪が増えるのは髪のメラニン色素が減ってしまうために起こるのですが、髪の色もメラニンの種類とその量や大きさで決まるそうです。

髪の毛はメラニンが光を吸収するのでその量が多ければ黒く見えます。

反対にメラニンがないと光が反射されて白に見えてしまうのです。

髪にたくさんのメラニンを補給するためには、食事の内容が大きく影響します。
たんぱく質やビタミン、ミネラルを多く含んだ食品や血液の活性を高めるアルカリ性食品を意識してとるようにすると髪の発育にもよいようです。

髪の毛の状態には脳神経の活動状態だけではなく、脳細胞内の栄養素に深い関係があることがわかっているそうです、バランスの良い栄養素を摂るように心がけましょう。

髪がメラニンによってつやつやと輝くようにするには栄養バランスのよい食事が大切ですね。
◇--------------------------------------------------------------◇
話題の育毛剤の紹介です

分子レベルでぐんぐん浸透、育毛ミストM-1



安心の全額返金キャンペーン中ですよ!
□--------------------------------------------------------------□
スポンサードリンク



□--------------------------------------------------------------□
応援よろしくお願いします!

人気ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ

☆TOPページへ
posted by トクさん at 20:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 育毛の一般知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。