2011年10月24日

ハゲは隔世遺伝するのでしょうか?

ハゲは遺伝するのでしょうか?

男性は30代以降になってくると、気になるのが頭髪の状態ですね。

髪が柔らかくなったり、細くなったり、抜け毛が増えたり、ハゲという言葉が頭をよぎります。(~_~;)

よくうちの祖父も禿げていたので俺も危ないかもなぁ〜という隔世遺伝の心配の話が出てきます。

本当にはげは隔世遺伝するものなのでしょうか。

医療ジャーナリストでもある、医学博士の森田豊先生はこうおっしゃってます。

「ハゲや薄毛が隔世遺伝する」というのは事実無根のようです。

ただ脱毛のひとつの原因といわれる男性ホルモンの「テストステロン」の働きが強い人ほどハゲやすい傾向にはあるといわれます。

最近の研究では脱毛の原因遺伝子が、想定されているようなので遺伝的な要因は無視できないようですが
ハゲの隔世遺伝に関しては、あてにならないそうです。

脱毛遺伝子の話もまだマウスレベルの実験で認められた段階のようで、あまりハゲの遺伝を心配しすぎるのは禁物のようです。

◇----------------------------------------◇
応援よろしくお願いします!

人気ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ

☆TOPページへ
posted by トクさん at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛のお役立ち情報記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

育毛に欠かせない快眠を得るために知っておきたい「13の悪習慣」の紹介

育毛に欠かせない快眠を得るために知っておきたい「13の悪習慣」

MSNさんで快眠に関する記事を読ませていただいたので、ご紹介します。

原題は(快眠のために断ち切りたい「寝る前の悪習慣」13パターン)で快眠を妨げる13個の悪習慣についての内容です。

睡眠は健康にも、美容にも大切な要素ですが快眠を妨げることを知らず知らずにしていませんか?

MSNさんの記事では下記の項目が快眠を妨げがちな習慣だと教えてくれています。

かいつまんで内容をご紹介します。

1. 寝る前にテレビを見ること
テレビのディスプレイから発せられる光は、あなたに「まだ寝る時間ではない」と錯覚させてしまいます。

2. 時計を見ること
時計を見て、「目覚ましのアラームが鳴り出すまであとどれくらいだろう」と気にすると、寝付けなくなりがちです。

3. 電話で話すこと
寝る前に長電話をする人は、睡眠の中でも最も重要な深い眠りに到達するまでに時間がかかり、かつ深い眠りの状態が短くなることが研究で分かっています。

4. 部屋を暖めること
暖かすぎる部屋にいると、思っているほどリラックスできず、室温が20度以上だと、あなたの脳に深い眠りへといざなうシグナルが送信されないそうです。

5. 電気をつけっぱなしにすること
ノートパソコン、スマートフォンから発せられる光はかなりの量で、メラトニン値(人を眠りへといざなうホルモン)に深刻な悪影響を与えます。

6. カフェインを摂ること
眠気覚ましにカフェインの入ったコーヒーやカフェイン入りのガムを試したことはありませんか、カフェインは眠気を取るほうに作用します。
カフェインは思った以上に長く体内にとどまるので注意が必要です

7から13までは次回の記事でご紹介できそうです。
快眠を得るために知っておきたい「13の悪習慣」に気をつけて、良い睡眠は育毛にも大変必要な要素です、十分な睡眠を心がけましょう。
◇-----------------------------------------------◇
スポンサードリンク


☆-----------------------------------------------☆
「発毛促進とはげ対策には頭皮の改善が必要です。」へ訪問くださってありがとうご
ざいます。

応援よろしくお願いします!

人気ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ

☆TOPページへ
posted by トクさん at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠と育毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。