2013年10月13日

円形脱毛症とその原因 円形脱毛症とその原因

円形脱毛症は年齢や性別にかかわらずおこりますね
過度なストレスを受けると円形脱毛症が起こるといわれますが、なったご本人はさらに落ち込みますね、実際にどんなメカニズムで円形脱毛症が起こるのかを調べてみました。

先ほど円形脱毛症はストレスが原因だといいましたが真の原因はリウマチ、バセドー病、橋本病などと同じように自己免疫疾患のひとつだと考えられています。
--------------------------------------------
橋本病とは
九州大学の橋本策(はかる)博士が始めて論文を発表した「慢性甲状腺炎」のこと

自己免疫疾患とは
異物を認識して排除するための役割を持つ免疫系が、自分自身の正常な細胞組織に対してまで、過剰に反応攻撃を加えてしまうことで「自立免疫疾患」と表記される。

--------------------------------------------

本来、体に入ってきた異物を攻撃するはずのリンパ球が、自分の髪を作る毛根の細胞を間違えて攻撃してしまうことで起こります。

ストレスはシステムの異常を起こす因子だということです。

円形脱毛症も丸いハゲが一つだけのものから、複数個おこるもの、中にはまれに眉毛やまつげ全身の体毛が抜けてしまうこともあるそうです。

通常では数ヶ月くらいで再び毛が生えてくることが多いそうですが慢性化したりハゲる範囲が広がるケースもあるので、長期間改善しないときは皮膚科で見てもらうことをお勧めします。

病院では、薬の治療だけでなく、冷却する療法や、免疫療法などでも治療できるそうです。
めげずにがんばりましょう。
----------------------------------------------------------------
応援よろしくお願いします!

人気ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ

☆TOPページへ
ラベル:円形脱毛症
posted by トクさん at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛の一般知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。