2011年05月02日

病気による抜け毛について

抜け毛は頭皮の状態などでなく、内科の疾患(病気)が原因で起こる場合があります。

病気で抜け毛が起こる理由は、病気による体の衰弱などで毛髪まで十分な栄養を送れなくなり抜け毛が起こると考えられています。

抜け毛の原因となる病気には、おもに次のような病気が考えられます。

甲状腺の異常、糖尿病などのホルモン異常の病気、肝臓病、重い貧血、卵巣機能障害、膠原病、自律神経失調症などが心配されます。

放射線治療や癌のインターフェロンによる治療でも抜け毛が起こることはよく聞きますね。

なかなか抜け毛がとまらない場合は、内臓疾患による可能性も考慮に入れて、医師の診察を受けることも検討しましょう。

◇----------------------------------------------------------------------◇
話題の育毛剤の紹介です。
分子レベルでぐんぐん浸透、育毛ミストM-1



安心の全額返金キャンペーン中ですよ!
◇---------------------------------------------------------------------◇
スポンサードリンク

◇--------------------------------------------------------------------◇

応援よろしくお願いします!

人気ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ

☆TOPページへ

発毛の基本4ヵ条
・ 規則正しい生活をする
・ 食生活の改善
・ 血行を良くする
・ ストレスを溜めない
ラベル:病気 抜け毛
posted by トクさん at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気と抜け毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。