2013年10月13日

円形脱毛症とその原因 円形脱毛症とその原因

円形脱毛症は年齢や性別にかかわらずおこりますね
過度なストレスを受けると円形脱毛症が起こるといわれますが、なったご本人はさらに落ち込みますね、実際にどんなメカニズムで円形脱毛症が起こるのかを調べてみました。

先ほど円形脱毛症はストレスが原因だといいましたが真の原因はリウマチ、バセドー病、橋本病などと同じように自己免疫疾患のひとつだと考えられています。
--------------------------------------------
橋本病とは
九州大学の橋本策(はかる)博士が始めて論文を発表した「慢性甲状腺炎」のこと

自己免疫疾患とは
異物を認識して排除するための役割を持つ免疫系が、自分自身の正常な細胞組織に対してまで、過剰に反応攻撃を加えてしまうことで「自立免疫疾患」と表記される。

--------------------------------------------

本来、体に入ってきた異物を攻撃するはずのリンパ球が、自分の髪を作る毛根の細胞を間違えて攻撃してしまうことで起こります。

ストレスはシステムの異常を起こす因子だということです。

円形脱毛症も丸いハゲが一つだけのものから、複数個おこるもの、中にはまれに眉毛やまつげ全身の体毛が抜けてしまうこともあるそうです。

通常では数ヶ月くらいで再び毛が生えてくることが多いそうですが慢性化したりハゲる範囲が広がるケースもあるので、長期間改善しないときは皮膚科で見てもらうことをお勧めします。

病院では、薬の治療だけでなく、冷却する療法や、免疫療法などでも治療できるそうです。
めげずにがんばりましょう。
----------------------------------------------------------------
応援よろしくお願いします!

人気ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ

☆TOPページへ
ラベル:円形脱毛症
posted by トクさん at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛の一般知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

髪の毛の色の決め手「メラニン」

髪の毛の色の決め手「メラニン」

白髪が増えるのは髪のメラニン色素が減ってしまうために起こるのですが、髪の色もメラニンの種類とその量や大きさで決まるそうです。

髪の毛はメラニンが光を吸収するのでその量が多ければ黒く見えます。

反対にメラニンがないと光が反射されて白に見えてしまうのです。

髪にたくさんのメラニンを補給するためには、食事の内容が大きく影響します。
たんぱく質やビタミン、ミネラルを多く含んだ食品や血液の活性を高めるアルカリ性食品を意識してとるようにすると髪の発育にもよいようです。

髪の毛の状態には脳神経の活動状態だけではなく、脳細胞内の栄養素に深い関係があることがわかっているそうです、バランスの良い栄養素を摂るように心がけましょう。

髪がメラニンによってつやつやと輝くようにするには栄養バランスのよい食事が大切ですね。
◇--------------------------------------------------------------◇
話題の育毛剤の紹介です

分子レベルでぐんぐん浸透、育毛ミストM-1



安心の全額返金キャンペーン中ですよ!
□--------------------------------------------------------------□
スポンサードリンク



□--------------------------------------------------------------□
応援よろしくお願いします!

人気ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ

☆TOPページへ
posted by トクさん at 20:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 育毛の一般知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

ロゲインその使用法と効果

「ロゲイン」は数少ないアメリカのFDA(日本で言う厚生労働省)でも認可された医薬品の育毛剤です。

ロゲインはもともと血圧関係の病に使用された、経口薬だったのですが、服用する患者さんの副作用で多毛症になる割合が多かったので、育毛剤としても開発が進められたという変わった経緯があります。

◇ ロゲインの使用方法

ロゲインは薄毛となった頭皮部分に直接塗布します。
使う量は大体朝と晩2回に分けて約1ミリリットルを塗布します、量をつけすぎても副作用が強くなる場合も考えられますので、使用説明書などで用法、用量を守りましょう。

有効成分である「ミノキシジル」は使用者の約30%の人に何らかの効果が見られ、10%弱の人は完全回復しているという結果も出ているそうです。

ロゲイン使用後の2〜3週間は前より脱毛が増える、初期脱毛という症状が起こるそうですが、新しい毛が生えるために古い毛を押し出そうとするため起こるので心配は要らないようですが、2週間以上も初期脱毛がとまらないときは医師に相談した方がよさそうです、別の原因の脱毛かも知れません。

◇ ロゲインの副作用と使用できない人
ロゲインで夜、頭皮のかゆみや不快感を感じる可能性はありますが、検証を重ねているのでひどい副作用の症状はなさそうです。

◇ ロゲインを使用できない人がいます。
1、18歳未満の人
2、薄毛の原因がAGA以外と思われる人(AGA以外の症状にはロゲインがあまり効かないと思われるため)
3、頭皮に炎症が出ている人
4、他の育毛剤を使用している人(医師と相談の上の使用が安心)

ロゲインの効果が現れるのは個人差もありますが約2〜4ヶ月くらいであらわれる人が多いのですが、6ヵ月以上効果がない場合はロゲインの使用を中止した方がよさそうです。

・ロゲインの使用をやめたらどうなるの?
使用をやめると徐々に生えた髪が脱毛して行く場合が多いようです、育毛には継続して使用する必要がありそうです。

ロゲインは希少な医療品の育毛剤です、他の育毛剤で満足な結果が出ていない方は、一度検討して見られたらいかがでしょうか。
□------------------------------------------------------------------□
スポンサードリンク



□------------------------------------------------------------------□

応援よろしくお願いします!

人気ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ

☆TOPページへ
posted by トクさん at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛の一般知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

発毛促進には石鹸シャンプーと合成シャンプーのどちらがいい

発毛促進には石鹸シャンプーと合成シャンプーのどちらがいい

石鹸シャンプーで洗髪すると洗い上がりがキシキシするとか指通りが悪い、乾かした後ゴワゴワ感がある、石鹸カスが残るなど使用感が悪いと感じる方がいますね。

これは石鹸シャンプーが弱アルカリ性のため使用感が最初悪く感じるようです、主成分は脂肪酸カリウム(石けん)で添加物は普通入っていません、頭皮には安心です。

一方合成シャンプーは高級アルコール系、非イオン系、アミノ酸系など種類も多く、たいてい中性から弱酸性で作られていて肌の弱酸性となじみがいいので石鹸シャンプーより使用感はいいようですが、香料や保湿剤、防腐剤、など多くの添加物が入っており頭皮には良くないものも使用感を良くするために入っているようです。

石けんシャンプーで使うリンスはクエン酸やお酢を使うことが多く、製品ではグリセリンや香料が入っていることがありますが頭皮や髪には安全な成分のようです。

合成のリンスには陽イオン系や界面活性剤やオイル成分、シリコン、香料、保存料、色素など多くの成分が入り、頭皮や髪に好ましくない成分も使用感のよさのために配合されているようです。

発毛の視点から考えますと、石けんシャンプーや天然素材のアミノ酸系シャンプーが頭皮や髪の状態を良くしそうですね。
◇------------------------------------------------------------------◇



スポンサードリンク
◇------------------------------------------------------------------◇

発毛の基本4ヵ条
・ 規則正しい生活をする
・ 食生活の改善
・ 血行を良くする
・ ストレスを溜めない

応援よろしくお願いします!

人気ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ

☆TOPページへ
posted by トクさん at 17:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 育毛の一般知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

ストレスと抜け毛、薄毛の関係

ストレスと抜け毛、薄毛の関係

「発毛促進とはげ対策には頭皮の改善が必要です。」へ訪問
くださってありがとうございます。

ストレスと髪の状態(抜け毛、薄毛)について調べて見ました

ストレスが身体にかかると体にどんな変化が起こるのでしょうか、
ストレスが身体にかかるとビタミンB1が不足してきて低血糖となり
やすく、糖の代謝が悪くなります。

低血糖の状態では体がとても疲れやすく、なかなかその疲れも
取れません。

この状態が続くと慢性的な疲労状態になってしまいます
そうすると仕事をしていてもますますストレスが溜まっ
てくる事になります。

ストレスで髪が薄くなるには、「テストステロン」という
男性ホルモンの関与があるという説があります。

髪を生成する毛乳頭の「5αリダクターゼ」という
酵素が男性ホルモンの「テストステロン」と結合して
「5αデハイドロテストステロン」となり、髪の原料である
たんぱく質合成の阻害や皮脂の分泌過剰を起こし頭皮の状態を
悪くします。

そのために抜け毛、薄毛が進行してしまいます。

ストレスが高まるとこの「テストステロン」の分泌が増えて、
髪を作る毛母細胞の働きを低下させてしまうようです。

これがストレスによる抜け毛、薄毛になる原因のようです。


さまざまなストレスを感じる生活の中ですが、意識して
リラックスする時間をとったり、ポジティブに思考する
ことを心がけることなどが大切なようです。

◇---------------------------------------◇
今、注目の育毛剤の紹介です。
酵素の力で頭皮をよみがえらせる
話題の育毛ミストM-1です。
世界初分子ピーリングがどんどん頭皮に浸透します。
安心の全額返金キャンペーン中ですよ!


◇---------------------------------------◇
飲むだけで生える!?
育毛外来から生まれた
”飲む育毛剤”で復活。



------------------------------------------

参考になりましたら応援よろしくお願いします!

人気ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ

☆TOPページへ
-----------------------------------------

発毛の基本4ヵ条
・ 規則正しい生活をする
・ 食生活の改善
・ 血行を良くする
・ ストレスを溜めない
posted by トクさん at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛の一般知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。